代表ご挨拶

未病の領域を指標化するシステムの開発にあたり

株式会社 ヘルスデザイン プロモーション 代表取締役 黒川光子  私たちは日常的に何らかのストレスを受けています。生活習慣病の主な原因はストレスであることもわかっています。しかし、一人ひとりが感じるストレスは違います。日常の生活で蓄積されたストレス・疲労が原因で、体内酵素の働きを鈍化させ、補酵素といわれている体内のビタミン・ミネラルの活性不足を誘引します。そのことが体内の生理作用の不全を起こし、その結果、自覚症状として表面化します。この原因と結果の論理回路を約8億(810,881,280)アイテムのデータベースに基づき、多層解析技法を用いて、HQC(Health Quality Control)チェック® を完成させました。
 このデータベース化に10年、未病を測るアルゴリズムの開発と個別臨床検証に20年の月日が経過しましたが、「未病判定方法」「うつ症判定方法」として特許を取得するに至りました。
 HQCチェック® を約3,000人を対象に実施し、その分析結果から約32%の人がうつ症傾向であることが判明しています。特に10歳代女性の46.7%がうつ係数10以上(生活習慣要改善値)を示しています。また、全体的に男性より女性が多いのが特徴です。「消えたい」「死にたい」などと考え、生きづらさを抱えた若者が、一時的に意欲を高めるために市販薬(風邪薬など)を乱用するケースが多いといわれています。深刻な状況だけに国を挙げて、精神の状態を診断するための血液検査や表情のAI解析、遺伝子の解明など、治療法を探る研究や開発が盛んにおこなわれています。精度の高い検査方法が確立されたとしても、うつ病と診断されてしまうことでは遅いのです。

これからの健康づくりは 未病の状態を知ることから始まります。

 HQCチェック®は、今の生活習慣の実態が未病の状態として数値化されます。今の自分は、どのような未病状態なのかを知ることで、改善への実践行動に変えられます。病気と診断されてからでは遅いのです。人生100年時代を健やかに、楽しく、明るく、生きるために、一人ひとりが今の自分の「未病の状態」を気づいていただき、そして健康づくりイノベーションを起こしていただくことを願っています。

株式会社 ヘルスデザイン プロモーション
代表取締役 黒川 光子

社名 株式会社 ヘルスデザイン プロモーション
設立 2011年 5月
資本金 10,000,000円
事業内容 健康づくりイノベーションの実現 – HQCチェック® 
代表者 代表取締役 黒川 光子
所在地 〒532-0011 大阪市淀川区西中島7丁目1-3-1102
電話番号 06-4306-5465
FAX 06-4306-5463
加盟団体 ● 日本未病システム学会
● 日本総合健診医学会
● 日本臨床栄養学会
● スマートライフプロジェクト会員
● 大阪商工会議所会員
取得特許 ● 疾病予防カウンセリングシステム (特許番号 第3194666号)
● 未病判定方法 (特許番号 第5683253号)
● うつ症判定方法 (特許番号 第6593575号)