メインコンテンツに移動 HQCチェック - 未病判定方法として特許取得済(特許番号 第5683253号)

60兆個の細胞から発信されるSOSサインは 私たちの自覚症状として表面化しています。

HQCチェック® は、そのさまざまなサインを 8億(810,881,280)アイテムのデータベースに融合させ 一人ひとりの 未病の状態 を「見える化」いたしました。

世界で初めて一般健診では測れない未病の状態がわかる

HQCチェック®は 未病判定方法 として特許取得済 (特許番号 第5683253号)
株式会社ヘルスデザインプロモーション

あなたの今のカラダとココロの健康状態

HQCチェック®はインターネットで3カ月ごとにかんたんなチェックを行なうことで、あなたのカラダ・ココロが発信しているわずかなサインを分析し、未病判定をします。あなたの今のカラダとココロの健康状態がわかります。

本システムは個別臨床実証検証に裏付けされたプログラムで運用されています。



HQCチェック®の分析アルゴリズムのコアになる栄養素(ビタミン・ミネラル)が、現代の病因論に補完的な洞察をもたらすことを可能とした検証結果を得ました。さまざまなストレス(変調因子)の負荷状況により、各疾病に重要に関与する数種のビタミン・ミネラルが不足し、疾病を顕在化させたり、未病段階における疾病を潜在させることの関連性を実証することができました。その研究成果を2006年から2012年まで毎年、日本未病システム学会で発表してまいりました。そして、2015年「未病判定方法」として特許を取得しています。


■ 疾病予防カウンセリングシステム - 特許番号 第3194666号

疾病予防カウンセリングシステム ■ 公開番号
 特開平7-296088
■ 目的
 医師等の専門家が診断を下すに至る点検や考察過程をモデル化する。
■ 構成・手法
 病状、薬品、生理作用、栄養素、外的要因、食品、献立、自覚症状、栄養素別症状、運動強度、生活活動強度計算式、エネルギー所要量及び栄養所要量等の各マスターを備え、基礎項目、運動内容、食事内容、自覚症状及び毛髪検査等の各データを入力とし、上記各マスターと関連付けて個人別ファイルを作成するファイル作成部3と、個人別ファイルのデータに従い、上記各マスターに基づいて個人毎に栄養素別の所要量を算出する所要量算出部5と、上記各マスターに基づき、個人毎に栄養素別の摂取量を算出する摂取量算出部6と、算出された所要量と摂取量との差異を求めて、個人毎に栄養素別の過不足度を算出する過不足度算出部7と、過不足状態が人体に与える影響を類推して、自覚症状の原因を推定する自覚症状原因推定部8とを備える。


■ 未病判定方法 - 特許番号 第5683253号

未病判定方法 ■ 公開番号
 特開2012-133501(P2012-133501A)
■ 目的
 未病の有無を容易に判定し得る未病判定方法を提供する。
■ 構成・手法
 未病受診者による申告自覚症状の関与係数から不足する栄養素を抽出し、申告自覚症状及び全ての自覚病状における関与係数の合計比率により栄養充足度を求め、疾病傾向毎に抽出された不足栄養素の関与係数に基づき第1位の疾病傾向潜在率を求め、申告自覚症状及び全ての自覚症状における生理作用の全項目数とそれに対応する全関与係数の合計比率により疲労度を求め、上記栄養充足度を、第1位疾病傾向潜在率を疲労度で除算して得られる値で除算して栄養活性度を求め、未病受診者の血液検査で得られるLDL、HDL及びアディポネクチンの検査値から得られる酸化指数に上記栄養活性度を乗算してストレス酸化度を求め、このストレス酸化度及び第1位の疾病傾向潜在率を用いて潜在疾病の有無を判定する方法である。


■ うつ症判定方法 - 特許出願済



わたしたちが病気になる原因



20世紀までの主な病気は、赤痢・疫痢・結核などの感染症が多かった

感染症によって病気になる


現代はガン・糖尿病・心臓病など生活習慣病に変わっています

生活習慣病によって病気になる
株式会社ヘルスデザインプロモーション
生活習慣病は表面化が遅く、身体に潜在している期間が長いため、カラダに何らかの不調は感じるが、人間ドッグや一般健診ではどこにも異常がないと言われることがあります。この場合は各医療機関においても治療の対象とされず、適切な指導や医療支援が受けられないままに放置されているのが現実です。
2008年の諸統計の分析結果から84%もの多くの人が、表面化していない何らかの疾病を潜在させている「未病」の状態であることが検証されました。

病気を見つける「既病マーカー」は、多く存在します。ですが、未病を判定する「未病マーカー」はありませんでした。


この度、世界で初めて一般健診では測れない「未病の状態」がわかるHQCチェック®(Health Quality Control Check)を開発し「未病判定方法」として特許を取得しました。

健康づくりパスポート従業員や会員の健康管理

貴社の社員もしくは会員様の健康状態は健康づくりパスポートで知ることができる

さまざまな疲労やストレスがまねく、私たちのカラダやココロの不調。それらは気づかないうちに自覚症状として発信されています。わたしたちは、そこに着目しました。
HQCチェック®は、自覚症状にかかわる体内生理作用、およびその生理作用に関与しているビタミン・ミネラルなどの補酵素の体内情報をデータベース化し、未病の状態を数値化させることに成功しました。
健康づくりパスポートは、それらをわかりやすく知ることができます。
HQCパスポート

健康づくりパスポートでわかること

未病度がわかる

未病の状態から疾病リスクへの進捗度合いが0~5段階でわかります。

必要な栄養素がわかる

あなたのカラダとココロが必要としている栄養素(ビタミンやミネラルなど)を分析します。

疾病リスクがわかる

未病段階における疾病の可能性を統計的に抽出します。

未病のタイプがわかる

病気の前段階である未病タイプの特徴を知ることができます。

カラダ元気度がわかる

あなたのカラダの元気度(体内活力指数)を知ることができます。

ココロの元気度がわかる

あなたのココロの元気度(うつ係数)を知ることができます。

カラダとココロのバランスエリアがわかる

カラダとココロのバランスの状態が4つのエリアの中で表示されます。

認知機能リスクがわかる

未病段階の認知機能リスク度がわかります。

健康づくりパスポート採用企業もしくは店舗様と、社員もしくは会員様

社員もしくは会員様はパソコン・スマートフォン・タブレット端末でログイン。氏名・生年月日・身長・体重などを入力し、60項目の自覚症状と、7項目の生活習慣について、選択回答いただくだけです。
社員もしくは会員様がチェックを完了され次第、企業もしくは店舗様に分析結果が即時配信されますので、印刷してご本人様へ健康づくりパスポートとしてお渡しいただけます。
HQCパスポート入力フロー








株式会社ヘルスデザインプロモーション

統計資料従業員や会員の健康経営の指標に

貴社の社員もしくは会員様の「健康・未病」の状態を所属部署や地域別、性別、年代別にして統計資料を作成します。3ヶ月ごとの継続実施で行動変容率が計測できます。

HQC統計資料
規則正しい生活習慣、適度な運動などにより生活習慣病の発生を抑制することを第一次予防といいます。定期検診やがん検診などにより、無症状の早期の段階で病気を発見し、早期の治療につなげることを第二次予防といいます。しかし、現状の第二次予防の対策においては、医療費の高騰をまねいています。

HQCチェック®では、第一次予防のために必要な「健康課題や改善指標」を、数値やグラフでわかりやすく知ることができます。

チェック分析結果を集積したデータから見えてくるさまざまな因子を分析・分類・解析することで、コミュニティーベースの健康促進や、企業・団体の従業員健康管理を行うことができ、 的確な未然予防アドバイスが可能になります。
また、膨大なデータを構造化しながら整理することで、現代社会に必要な健康づくりの商品開発や新規サービスを起こすことができます。






株式会社ヘルスデザインプロモーション

HQCアドバイザー実践養成講座開催

HQCアドバイザー実践養成講座は、ナラティブサポート(Narrative Support)実践トレーニング講座です

ナラティブサポートとは、HQCチェック®の分析結果にもとづいて、一人ひとりに対応した健康づくりをデザインし、わかりやすく伝える技術のことです。
HQCアドバイザー実践養成講座
HQCアドバイザーにあなたも挑戦してみませんか

日本はモノやサービスがあふれ、世界で最も成熟した市場です。また、ヒトの仕事を人工知能(AI)に置き換える動きが始まっており、働き方そのものが変わる時代に突入しています。その成熟した社会は、人々にとって快適なはずなのに、なぜかストレス社会を作り出しています。
世の中の変化についていけないひとは孤立していき、身体的にも精神的にも、脳にも影響をおよぼします。そして、生活習慣病の潜在率を高めたり、「うつ係数」や「認知機能リスク度」を高めるなど、「未病状態」の人口を増加させています。
このような社会に何が必要なのか、ひとは何を求めているのか。そこで生まれたのが、ひとがひとをサポートする究極のサービスそれが、ナラティブサポートです。
HQCアドバイザー実践養成講座では、HQCチェック®分析結果から未病の状態」を解析し、健康づくりのための課題と指標をデザインして ナラティブサポートを実践します。






株式会社ヘルスデザインプロモーション

貴社のウェブサイトにHQCチェック®をAPI導入する

貴社の商品やサービスにHQCチェック®を連携

HQC API



HQCチェック®の結果と、貴社の商品やサービスに連携させることで、CRM(顧客関係管理)を充実させることができます。また、顧客の健康志向と貴社商品のユーザ満足度を向上させるだけでなく、顧客との強固かつ継続的なリレーションシップの構築を図ることができます。



※ APIの導入をご希望の際は、当社までご相談ください。
※ ご契約締結のもと、APIを導入いただきます。
※ APIのご提供については、当社規定による審査があります。