「カラダ・ココロ・脳」のストレス測定結果

カラダのストレス 42  % *
(体内活力指数40未満)
ココロのストレス 28  % *
(うつ係数10以上)
脳のストレス 46  % *
(認知機能リスク度40以上)
* HQCチェック実施者4886人対象(2020年)

「カラダ・ココロ・脳」のストレス測定結果

カラダのストレス 42  % *
(体内活力指数40未満)
ココロのストレス 28  % *
(うつ係数10以上)
脳のストレス 46  % *
(認知機能リスク度40以上)
* HQCチェック実施者4886人対象(2020年)

一般健診では測れない「未病の状態」を指標化する。

日常の生活習慣で蓄積された「ストレス」が原因で、「体内酵素」の働きを鈍化させ、

補酵素といわれている体内のビタミン・ミネラルの活性不足やアミノ酸不足が、

体内の生理作用の不全を誘引し、その結果、

自覚症状として表面化する「HQC生体内情報ネットワーク」を構築する。


HQC生体内情報ネットワーク

生体内情報 約8億(810,881,280アイテム)の膨大なデータベースに基づき、多層解析技法で算出した345項目の分析値は、人がヒトをサポートする技術「ナラティブサポート カウンセリング」システム(NSC)として高度標準化を図る。

このNSCは、一人ひとりの未病の状態をデータサイエンスティックに健康課題や改善指標を提案することができる。更に、一人ひとりの「未病の状態」を改善していただく為の行動変容をデザインし、「やさしさ」「傾聴」そして「共感」しながらサポートすることを可能としました。

現在、NSCを活用して「HQCアドバイザー実践養成講座」を開催しています。

HQCチェック® でわかること

 

HQCチェック® はインターネットで

3か月ごとにかんたんなチェックを行なうことで

あなたのカラダ・ココロが発信している

わずかなサインを分析し

未病をはじめとする

以下の事柄の判定をします

未病度
未病の状態から疾病リスクへの進捗度合いが0~5段階でわかります
栄養素
あなたのカラダとココロが必要としている栄養素(ビタミンやミネラルなど)を分析します
疾病リスク
未病段階における疾病の可能性(疾病係数)を統計的に抽出します
カラダの元気度
あなたのカラダの元気度(体内活力指数)を知ることができます
ココロの元気度
あなたのココロの元気度(うつ係数)を知ることができます
未病タイプ
病気の前段階である未病タイプの特徴を知ることができます
認知機能リスク
あなたの未病段階における認知機能リスクがわかります
バランスエリア
カラダとココロのバランスの状態が4つのエリアの中で表示されます
健康評価指数
あなたの生活習慣から推察される[運動][栄養][癒し]の実態をグラフで評価します

個別臨床実証検証に 裏付けされたプログラムで運用

60兆個の細胞から発信されるSOSサインは 私たちの自覚症状として表面化しています。

HQCチェック®は、そのさまざまなサインを 8億(810,881,280)アイテムのデータベースに融合させ

一人ひとりの“未病の状態”数値化・指標化いたしました。


HQCチェック®の分析アルゴリズムのコアになる栄養素(ビタミン・ミネラル)が、現代の病因論に補完的な洞察をもたらすことを可能とした検証結果を得ました。さまざまなストレス(変調因子)の負荷状況により、各疾病に重要に関与する数種のビタミン・ミネラルが不足し、疾病を顕在化させたり、未病段階における疾病を潜在させることの関連性を実証することができました。その研究成果を2006年から2012年まで毎年、日本未病システム学会で発表してまいりました。そして、2015年に“未病判定方法”、2019年に “うつ症判定方法”として特許を取得しています。

《詳しく見る》 開発・学会発表 経緯