HQCチェックとは

3カ月ごとのかんたんなチェックで カラダとココロの健康状態がわかる

 

HQCチェック(Health Quality Control チェック)® は、インターネットで3カ月ごとにかんたんなチェックを行なうことで、あなたのカラダ・ココロが発信しているわずかなサインを分析し、未病判定をいたします。あなたの今のカラダとココロの健康状態がわかります。

 

 

 

HQCチェック® システムを構築した背景と特徴について

 

わたしたち人間は、生命の維持をおこなうため、多種多様の体内酵素を必要とします。その体内酵素の補酵素として重要な作用を果たしている栄養素が、みなさまがご存知のビタミンやミネラルになります。これらの栄養素は、世界的に研究データや資料などのエビデンス(根拠)が集積されており、公知の情報として活用されています。 ヘルスデザイン プロモーションでは、このビタミンやミネラルの栄養素をシステム構築上の理論前提とし、活用をしています。

HQCチェック® システムは、このビタミンやミネラルの、すでに公知されている体内作用と関与する自覚症状、および疾病作用などの項目 約8億(810,881,280アイテム)のデータベースを集積し、健康づくりの具体的な改善目標値を統計的に類推する独自の論理回路を構築いたしました。

健康づくりの具体的な改善目標値を統計的に類推するHQCチェック独自の分析論理回路

日常生活において、さまざまなストレスや疲労の変調因子を感受することによって、体内の栄養素が有効活用されず、体内の栄養素が不足することが原因となり、体内生理作用の不全が生じ、その結果が自覚症状として表面化してきたものです。この自覚症状を疾病への前段症状としてとらえ、その背景要素となっている栄養素別および関与する生理作用などの不全項目を、膨大なデータベースから集約し、分析・分類・解析する論理回路のアルゴリズムを構築することで HQCチェック® を実現することができました。

HQCチェック® システムは、病気ではないが健康でもない状態、いわゆる「未病」という状態を「見える化」するもので、従来のカロリー栄養学をベースにしたアプローチ法とは根本的に異なります。未病状態がわかる HQCチェック® は、自覚症状として発現する諸症状を膨大なデータベースにもとづいて分析します。その分析結果は、日本未病システム学会および日本総合健診医学会においても発表。個別臨床実証検証に裏付けられたプログラムとして運用しております。

2001年に「疾病予防カウンセリングシステム」として、そして2015年には「未病判定方法」として日本国特許も取得し、さらに感度の高い相関性を表す事ができる第一次予防のためのチェックとして、安心して活用していただくことができます。